沿革

平成元年 6月 東京都新宿区西新宿にて、現代表取締役の加藤伸司が、カラオケ施設等アミューズメント事業を目的として ㈱シン・コーポレ ーションを設立(資本金 1,000万円)、カラオケルーム第1号店(川崎大師店)を開店
平成13年 8月 カラオケルーム 10店舗達成
平成15年 3月 資本金を 1,500万円に増資
4月 資本金を 2,500万円に増資
5月 資本金を 3,000万円に増資
平成16年 4月 カラオケルーム 50店舗達成
平成17年 7月 カラオケルーム 100店舗達成
平成18年 10月 資本金を 8,220万円に増資
平成22年 4月 東京都豊島区要町に本社を移転
平成23年 7月 カラオケルーム 200店舗達成
平成24年 2月 ㈱DSシンコ(韓国でカラオケルーム店舗を運営)を共同出資により設立
平成25年 12月 ㈱タスクフォース(ダーツ・ビリヤード店舗の経営・用品の販売)を完全子会社化の上、 ㈱ポイントへ社名変更
平成26年 4月 カラオケルーム 300店舗達成
5月 ㈱ポイントを吸収合併
7月 東京都新宿区山吹町に本社を移転
11月 ㈱DSシンコ(韓国)を完全子会社化
平成27年 1月 ㈱イーアールスポーツ(ダーツ・ビリヤード店舗の経営・用品の販売)を完全子会社化
7月 ㈱イーアールスポーツの全店舗(物販事業部を除く)を引き継ぐ
平成28年 9月 カラオケルーム 400店舗達成
平成29年 10月 ㈱DSシンコ(韓国)の全株式を譲渡
平成30年 8月 ㈲創遊社を完全子会社化
11月 ㈲創遊社を吸収合併
令和元年 9月 コッペパン専門店「コッペんどっと綱島店」、「コッペんどっと市ヶ尾店」を譲受